カプセルと白い花と悩む男性
  • ホーム
  • プリリジーとテンガで早漏治療

プリリジーとテンガで早漏治療

早漏治療を行いたい場合は、プリリジーとテンガの組み合わせがおすすめです。
プリリジーは早漏のための内服薬として世界で最初に登場しました。
主成分のダポキセチンがセロトニンの濃度を高めることで、脳が必要以上に性的興奮を感じなくなるので、射精を我慢することができます。
性行為の1時間~3時間前に服用し、食事はどのタイミングで行っても問題ありません。
早漏の人が射精まで時間が長くなることは認められています。
早漏の人は女性と性行為をあまり経験したことのない傾向があります。
膣の感触を知らないまま性行為に及ぶと、デリケートな亀頭が強い刺激を感じ射精したくなります。
その場合は膣に慣れると早漏は改善しますが、早漏であるというコンプレックスから経験を重ねられない人が多いです。
そこで活躍するのがテンガです。
テンガは男性の自慰に使えるグッズを販売しており、膣の再現率が高いです。
特にフリップボール白は、女性と性行為をやっているのと同じ感覚を味わえます。
テンガはコンドームを付ける必要はないので、ゴム無しで使うことで刺激に耐える力が鍛えられます。
もし性行為をコンドーム無しでしか行ったことがない場合は、フリップボール黒を使います。
女性の膣に一番近いのはフリップボール白ですが、黒はそれより刺激が強いので早漏対策になります。
自慰は基本的に誰も見ていないので、緊張することもなく射精をコントロールしやすいです。
訓練を重ねるうちに過敏だった亀頭も刺激に強くなります。
ただしテンガで自慰をしすぎて遅漏になる可能性があるので、注意します。
あくまでも女性との性行為を最上のものにするための治療薬や訓練なので、自信が付いたら実践に移ります。

関連記事