カプセルと白い花と悩む男性
  • ホーム
  • ストレスに緊張をつくるノルアドレナリンとプリリジー

ストレスに緊張をつくるノルアドレナリンとプリリジー

緑のカプセルと葉と瓶

人間の脳のなかには、さまざまな神経伝達物質が行き交っていますが、ノルアドレナリンというのは、ストレスに反応して、集中力を高めるという効果があるいっぽう、無用の緊張感もつくりだしてしまうものとなっています。
これはストレスに対抗するという意味合いでは、かならずしも悪いこととはいえないのですが、生活のなかでは問題が生じてしまう場面があります。
性行為のときにおきる早漏という現象も、実はこのことが関連しており、適度な性的興奮というのであればよいものの、ノルアドレナリンが増加しすぎて過剰な緊張状態となってしまい、うまくコントロールがきかなくなってしまっているわけです。
こうしたことを防止するためには、プリリジーのような傾向タイプの早漏治療薬をあらかじめ服用しておくのがよいといえます。
プリリジーは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬とよばれる種類にあたるものですが、これにはセロトニンとよばれる脳内物質が減少するのを抑えるというはたらきがあります。
セロトニンが少なくなってくると、ノルアドレナリンが幅をきかせて興奮状態がおさまらなくなってしまうため、逆にセロトニンを増やすことによって、ノルアドレナリンの勢力を減少させるわけです。
このプリリジーについては、性行為をする1時間から3時間程度前までに服用をしておくとよいとされており、こうした時間ないであれば、血液中に有効成分が十分に行き渡って、所期の効果を上げることができるようになります。
なお、プリリジーは強力な効き目をもつものですので、うつ病などである種の医薬品を服用している場合、併用禁忌となっている可能性もありますので、あらかじめ注意することがたいせつです。

関連記事